HOME > ひがしみの昔話 >

ひがしみの昔話

ひがしみの昔話

赤壁城〈中津川市苗木〉

 苗木のお城は赤土で壁が塗ってあるばかりで、表面が白く塗ってありません。これはお金がないので塗ってないのではないかと思われるからと、あるとき白く塗ることに決められました。
村人が集められ、足場を組んで、見る間にお城は白く塗られていきました。木曽川を見下ろすような位置に、燦然と輝く白いお城の姿に、みんな思わず喜びの喚声を挙げました。
 するとその時、突然空が暗くなって、黒雲が低く垂れ込めました。ときどき突風が木の枝をゆすり、ちぎれた木の葉が小鳥のように空に舞います。「嵐がくるぞ」人々は自分の家へ帰ると、戸締まりをしっかりして嵐の過ぎるのを待ちました。嵐は一晩中ごうごうと吹き荒れ、人々は眠らずに朝を迎えました。
 朝になって、お城の方を眺めた人々は、アッ おどろと驚きました。これはどうしたことでしょうか。お城の白壁はすっかり削り取られ、お城はもとの赤壁に戻ってしまっているではありませんか。また人々が集められ、お城に白い壁が塗られました。今度は前よりもしっかりと塗られて、それはそれは美しい、白壁のお城になりました。すると、どこからともなく黒い雲が現れて、激しい雨が降り始め、雷がドオーン、ドオーンと鳴り響きました。木曽川から龍が現れてお城をいくえにも巻くと、龍はその鋭い爪で、ガリガリと白壁を削り取っているではありませんか。
 お城はもとの赤壁に戻り、龍も姿を消しました。お殿さまは龍の顔が、ご先祖さまに似ていたといわれました。それからというもの、もうお城を白壁にしようという話は一度もなく、ずっと苗木のお城は赤壁 のままにされてきました。


【解説】
 苗木城は、土岐氏と並んで東濃一帯を制していた遠山家代々の居城でした。現在は城跡を残すのみですが、ここを訪れる人々からは巨岩と石垣との壮大な組み合わせに感嘆の言葉が出るほど、この城跡は山城独特の要害の堅固さが特色になっています。