HOME > ひがしみの昔話 >

ひがしみの昔話

ひがしみの昔話

龍王さま〈恵那市山岡町釜屋〉

 梅雨の頃でした。まだ昼過ぎと言うのに、あたりは真っ暗で、まるで天が抜けたかと思うようなものすごい雨が、ひっきりなしにザーザーと降り続いていました。
 しばらくすると、激しい雨の音に混じって、村の南の山からゴオンゴオンとなんだか大きなお釜でお湯が煮えたぎるような気味の悪い音が聞こえてきました。
 村の人たちが何だろうと家の外に出て山のほうを眺めてみてアッとびっくりしました。なんと、山の腹を巻くようにして、恐ろしい姿をした龍が黒雲の中にニュウっと立ち上がっているではありませんか。龍は大きな赤い口を開き、頭を左右に振って、腹の底にズシンと響き渡るようなくぐもり声で叫びました。
 「釜屋村の者よ。山が抜けるぞ。すぐに逃げろ。山が抜けるぞ」
 村の人たちは雨の中を近くの小高い場所へすぐに逃げました。するとまもなく、龍のいた辺りの山がゴウーと地響きを立てて崩れ落ち、釜屋村のほとんどを埋めてしまいました。
 もしも龍が教えてくれなかったら、村人たちは一人残らず泥水に飲まれて助からなかったに違いありません。
 「あれこそ龍王様に違いない」
 村人たちは龍が現れたところから少し離れて、たった一箇所だけ三角形に山の形が残っている頂上に龍王様のお宮を作って祭りました。
 その後、日照り続きで村に水がなくなったとき、村中総出でこのお宮にお経を唱えてお祈りすれば必ず雨が降り、今も竜王様は村を守っていてくださいます。


【解説】
 山岡町の釜屋地区は砂質土で急峻のため山崩れがおきやすく、鶴岡山脈の山頂のこのあたりには山崩れの名残が想像できる場所が今もあり、石の祠も現存している。