HOME > お出かけ・イベント > 福岡・高山・下野・田瀬(ふくおか・たかやま・しもの・たせ)

お出かけ・イベント

お出かけ・イベント

福岡・高山・下野・田瀬(ふくおか・たかやま・しもの・たせ)

 東西約10km、南北約20kmと細長く、中央を清流付知川が渓谷をなして流れています。北に標高1,595mの三界山、西にシャクナゲの群生で知られる標高1,223mの二ツ森山がそびえ、総面積の78%を山林が占める緑豊かな地域です。

アユ釣り

 自然がそのまま残された付知川は、別名「青川」と呼ばれるアユの宝庫です。解禁ともなると、全国からアユ釣りファンが集まり、釣り糸を垂らす太公望たちの姿は、夏の風物詩です。

福岡ローマン渓谷

 付知川の中で最も渓谷美を誇ります。その右岸側約500mには、水と緑にふれあいながら散策のできる遊歩道が整備され、四季折々の自然が楽しめます。
 遊歩道からローマン橋を渡ると、本格的なオートキャンプ場が広がります。1区画100平方m電源完備で60区画を誇ります。

下野庚申堂

 文覚上人が開基したと伝えられ、ご本尊の「青面金剛王童子」は高僧・行基の作。60年に1度の大開帳には厨子の隙間から5色の絹糸を結び、更にさらしをつないで境内に伸ばし、参拝者はさらしに触れて功徳を授かるをいいます。子供の守り神としても有名で、祭事には全国より商売繁盛、家内安全を願う人で賑わいます。

常盤座

 常磐神社の前にあり、明治以来、盛んに歌舞伎が演じられていました。平成の大改装で回り舞台が復活。現在も、年に1度の常磐神社の祭典には素人歌舞伎の上演、歌舞伎保存会による上演など、盛んに行われています。