HOME > お出かけ・イベント > 川上(かわうえ)

お出かけ・イベント

お出かけ・イベント

川上(かわうえ)

 「ひのきと山まゆの里」川上は中津川市の北東部に位置し、総面積の93%が山林によって占められた、人口約千人の地域。その名の通り、木曽川の支流川上川の澄み切った源流が流れています。  裏木曽が誇る景勝地「夕森公園」を中心に、全域で森林浴が楽しめます。

自然を満喫「夕森公園」

 地域の中央を流れる川上川を溯っていくと、最初にあるのが「龍神の滝」。光の加減で1日に7回も色が変化するといわれ、夏の間のみ人工的にライトアップされ、神秘的な世界を楽しませてくれます。さらに源流へ溯れば、銅穴の滝、アゼ滝、一ツ滝…と大小7つの滝を見ることができます。  この一帯は夕森公園と呼ばれ、裏木曽が誇る景勝地。川遊びはもちろん、歩きやすいよう整備された丸太作りの散策路があり、森林浴やバードウォッチングにも最適、露天風呂が楽しめる宿泊施設もあります。
 公園内には、川のせせらぎ沿いの森と渓谷にキャンプ場が広がっています。

伝統技術が息づく「山まゆ」

 昔は天然の蚕を捕まえて飼育し、生糸を紡いで家庭の着物を織っていたそうです。その技術を復活させようという試みが昭和50年から始まり、山まゆ生産組合が設立され、ここで生産された生糸が現在では特産物として、加工されています。
 加工を手がけているのは「夕森工房いと車」のメンバーたち。反物、夕森紬、ネクタイ、財布、名刺入れ、ブローチ、などの山まゆの緑の風合いをとどめた美しい工芸品です。