HOME > お出かけ・イベント > 落合(おちあい)

お出かけ・イベント

お出かけ・イベント

落合(おちあい)

 落合地区は中津川市の東部に位置する人口約4,300人の中山道の宿場町。美濃16宿のうち唯一現存する旧本陣の家など格子造りの街並みが多く、落ちついたたたずまいをみせています。わらび平の中津川市ふれあい牧場は人気の観光スポットとなっています。

石畳

 落合の町から下桁橋をわたり10曲峠を暫く登ると石畳の道となります。その名の通り曲折した坂道で難所が続くため、こうした難所を良くするために自然石を敷き並べたものが石畳です。

落合本陣

 恵建物は、文化12年(1815年)の落合宿の大火後再築されたもので、明治14年に大修理されて現在の形になりました。門は加賀藩から火事見舞として寄贈されたものです。建物は壮大で堅固を極め、中の間取りは殿様の御座所になる上段の間を中心に構成されています。往時を留める本陣としては、極めて珍しい建物で学術的にも大変貴重です。

山中薬師

 傷ついた狐を助けたお礼によく効く膏薬の作り方を教えてくれたという狐膏薬伝説ゆかりの山中薬師(医王寺)。寺に伝わる薬師如来は、行基の作と伝えられ、虫封じの薬師として、三河の鳳来寺、御嵩蟹薬師とともに日本三薬師のひとつとして広く信仰を集めています。境内には「梅が香にのっと日の出る山路かな」の芭蕪句碑があります。

ふれあい牧場

 わらび平のなだらかな丘陵にある入場料無料の「ふれあい牧場」。牧場内では羊、ポニー、山羊、うさぎ、鶏などの動物たちが放し飼いにされ間近でふれあうことができます。ソーセージ造りや羊毛紡ぎなどの体験教室や多彩なイベントも盛りだくさん。ラム肉のバーベキューや手づくりソフトクリームなど、本格派の味覚も見逃せません。