HOME > 農業・園芸ガイド > 【一般の方】家庭菜園 >【9月】秋冬・来春の野菜はこれから

農業・園芸ガイド

家庭菜園

【9月】秋冬・来春の野菜はこれから

 この時期、気温はどんどん下がり、日の長さも短くなってきます。適期の播種・定植を行うとともに、追肥・土寄せなどの管理も遅れないようにしましょう。


管理の要点
[ハクサイ]

ポットまきは、鉢に根がまわり土がくずれないようになったら、早めに定植します。

[ダイコン]

本葉5~6枚で1本立ちにしたら追肥をします。

[キャベツ]

定植をして活着したら、追肥をして土寄せをします。最後の追肥は結球初期にします。

[ネギ]

涼しくなると生育は旺盛になります。追肥は直接株元に施すと根を傷めやすいので、畝間に施し、土寄せと一緒に株元に入るようにします。

[タマネギ]

間引きは苗が5cmくらいの頃より本葉2枚頃の間に2回程度行います。追肥は本葉2枚頃に施します。

小カブの播種

品種は耐病ひかり、スワンなどがあります。生育適温は15~20度で冷涼な気温でよく生育し、特に根部の肥大が良くなります。
間引きが遅れると根部の肥大が遅れ、葉が伸びるので早めに行って、株元に十分光を当てるようにします。

つけ菜類のは種

小松菜、京菜などのつけ菜類の播種も9月です。発芽したら種類によって違いますが、1~2回間引きして充実したものに仕上げましょう。


ワンポイントアドバイス
 秋野菜の主なものは、十字花科といわれる仲間(ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ダイコン、カブ、つけ菜類)です。これらの野菜はカルシウム、ホウソの欠乏症が出やすいものです。
 は種・定植前の畑準備には石灰、ホウソを補給するとともに、バランスのとれた施肥に心掛けます。
 根コブ病がつきやすい仲間(ダイコンは除く)なので、排水対策、酸性土壌の改良、連作から輪作などに十分留意しましょう。