HOME > 地産地消レシピ >

地産地消レシピ

地産地消レシピ

春の彩りおかず

春の恵み

材料
材料は作り方の中に含みます。


春の彩りおかず

作り方

    写真左から
  1. [ジャガ芋餅]
    茹でたジャガ芋500gを潰して100gの片栗粉を混ぜて練る。一口大に平たく丸め、油で揚げるか焼いて、砂糖と醤油で甘辛く味を付ける。海苔を巻いても美味しい。

  2. [揚げ里芋の甘辛]
    種芋を選んだ残りの里芋の料理です。頭(かしら)で作れます。里芋は1cm角の棒状に切り、片栗粉をまぶして揚げ、砂糖と醤油で甘辛く味を付ける。仕上げにゴマを振る。

  3. [蕗味噌]
    蕗は長く伸びた茎ごと摘んできて湯通し、細かく刻んでおく。味噌500gと350〜400gの砂糖を火にかけて溶かしたところに蕗を加えて混ぜる。

  4. [プチヴェール]
    芽キャベツとケールのかけ合わせであるプチヴェールという野菜。茹でただけで甘味があり美味しいですよ。マヨネーズをかけても合います。

  5. [蕨(わらび)の松前風]
    塩漬け春のの蕨を湯沸かし器の湯を何度か代えながら塩出しして刻み、きゅうり、人参、塩昆布と和える。醤油で味を整える。

  6. [葉山葵(わさび)のかつおがけ]
    葉山葵は田んぼの隅などによく生える山菜。塩で揉んだ後、熱湯をかけ、熱湯と一緒に密閉容器に入れて一晩置いたものです。水気を絞って削りかつおをかけ、三杯酢か醤油で味を整えます。






アドバイス
家の周りの畑や土手には春の恵みが顔を出していますね。蕨(わらび)はたくさん採れた時に塩漬けにします。一度漬けたら汁を捨て、もう一度多めの塩で漬けると上手に浸かります。