超特選栗出荷

JAひがしみの管内で8月下旬から超特選栗の出荷が本番を迎えました。2017年度は、天候不順で生育は遅めだが、量は昨年度を越える100㌧以上の出荷を目指します。
超特選栗は東美濃栗振興協議会の専門部会「超特選栗部会」に加入する76戸が栽培。県認証の「ぎふクリーン農業」や低樹高・超低樹高栽培技術を条件とし、栽培や出荷に関わる厳しい規定により高い品質を確保。銘菓「栗きんとん」を販売する地元菓子店との契約出荷により高値で取引されています。