安全にお取り引きいただくために

【1】 通帳・ご印鑑・キャッシュカードの盗難にご注意

  • 通帳やご印鑑はもちろんのこと、キャッシュカードやご本人であることを示す各種資料(運転免許証・パスポートなど)につきましても、別々にかつ厳重に保管してください。
  • 万一、通帳、ご印鑑、キャッシュカードのいずれか1つでも紛失された場合は、ただちにお取り引きのJA・信連にご連絡ください。

【2】 キャッシュカードが偽造され、引出される被害が拡大しています

  • キャッシュカードの磁気データをコピーした(いわゆる「スキミング」)偽造カードを使用して、預貯金などが引出されたと思われる事件による被害が、全国的に拡大しています。このような被害に遭わないために、キャッシュカードの管理には十分ご注意ください。
  • キャッシュカードを入れた財布などを、長時間手元から離すことがないようにしてください。
  • 空き巣や車上盗難の被害に遭った際は、キャッシュカードが盗まれていなくても、磁気データがコピーされている可能性があります。空き巣や車上盗難に遭った場合には、念のため、お取り引きのJA・信連までご連絡ください。

【3】 キャッシュカードや暗証番号の取扱いにご注意

  • 暗証番号には他人から推測されやすい、例えば、生年月日、電話番号、車のナンバー等の番号のご利用はお避けください。推測されやすい番号は、すみやかに変更されることをお勧めします。
  • キャッシュカードの暗証番号は、キャッシュカードのみでご利用されることをお勧めします。
  • ATMによる預貯金の引出し等の際に、暗証番号を後ろから盗み見られたり、他人に知られたりしないようご注意ください。
  • JA・信連の職員、警察官などが店舗外や電話などで暗証番号をお尋ねすることはありません。不審な場合には、ただちにお取り引きのJA・信連へご照会ください。

【4】 不正な振込請求(振込め詐欺)にご注意

  • 引出し、預入れの際の現金やキャッシュカードを狙ったスリやひったくりなどにご注意ください。
  • 犯人は、「お金が落ちている」「洋服が汚れている」などと話しかけてお客様の気をそらせ、現金やATMの挿入口にあるキャッシュカードを盗んだり、尾行や待ち伏せをするなどして犯行におよんでいます。
  • 現金の持ち歩きには十分注意し、被害に遭ったときは、大声で近くの人に助けを求めるか、すぐに110番しましょう。
  • キャッシュカードを盗まれた場合にも、お取り引きのJA・信連に連絡するだけでなく、すぐに110番しましょう。

【5】 スリやひったくりなどにご注意

  • 引出し、預入れの際の現金やキャッシュカードを狙ったスリやひったくりなどにご注意ください。
  • 犯人は、「お金が落ちている」「洋服が汚れている」などと話しかけてお客様の気をそらせ、現金やATMの挿入口にあるキャッシュカードを盗んだり、尾行や待ち伏せをするなどして犯行におよんでいます。
  • 現金の持ち歩きには十分注意し、被害に遭ったときは、大声で近くの人に助けを求めるか、すぐに110番しましょう。
  • キャッシュカードを盗まれた場合にも、お取り引きのJA・信連に連絡するだけでなく、すぐに110番しましょう。

【6】 不正な振込請求(振込め詐欺)にご注意

  • ヤミ金融業者などによる法外・強引な返済請求や、身に覚えのない請求があった場合には、安易に振込みなどを行わないようご注意ください。
  • 「おれだけど」と孫や親戚を装い、交通事故の示談金や借金返済などが必要であると偽って、現金の振込を要求する、いわゆる「おれおれ詐欺」の被害も拡大しています。
  • 不審に思われるような場合は、最寄りの警察、財務局、都道府県の相談窓口などにご相談ください。

【7】 スリやひったくりなどにご注意

  • 引出し、預入れの際の現金やキャッシュカードを狙ったスリやひったくりなどにご注意ください。
  • 犯人は、「お金が落ちている」「洋服が汚れている」などと話しかけてお客様の気をそらせ、現金やATMの挿入口にあるキャッシュカードを盗んだり、尾行や待ち伏せをするなどして犯行におよんでいます。
  • 現金の持ち歩きには十分注意し、被害に遭ったときは、大声で近くの人に助けを求めるか、すぐに110番しましょう。
  • キャッシュカードを盗まれた場合にも、お取り引きのJA・信連に連絡するだけでなく、すぐに110番しましょう。

【8】 金融機関等を装った電子メール詐欺等にご注意ください

  • 金融機関等であるかのように装った電子メールを送信し、メールの受信者を当該金融機関のホームページに似せた偽のホームページへ誘導して暗証番号等の重要情報を不正入手する電子メール詐欺(フィッシング詐欺)が発生しています。
  • JA・信連ではホームページ、電子メール等で、キャッシュカードやFBサービス等の銀行取引で使用する暗証番号等を照会するようなことはいたしておりませんので、暗証番号等の重要情報を心当たりのない電子メールのリンク先ホームページへ入力されたり、電子メールにて回答されたりすることのないようご注意ください。不審な場合には、ただちにお取り引きのJA・信連へご照会ください。

【9】 本人確認にご協力ください

  • JA・信連では、口座開設などにあたり、法律の定めに基づいたご本人の確認をさせていただいておりますが、盗難通帳・偽造印鑑などにより、お客様の大切な財産が不正に引出されることや口座の不正利用を防止するために、貯金の払戻し時などに改めてご本人様と確認できる確認書類の提示を求めることやご利用目的をお伺いすることがありますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

【10】 口座の売買はできません

  • 貯金規定では、第三者による口座の利用を禁止させていただいておりますので、口座を売ることや貸すことはできません。貯金規定に違反する場合には、口座のご利用を停止させていただいたり、解約させていただく場合もございます。

普通貯金取引、貯蓄貯金取引、総合口座取引をご利用のみなさまへ

☆ キャッシュカード・通帳・印鑑・暗証番号の厳重な管理のお願いについて

☆ 通帳のよるCD・ATMでの出金がご利用可能なことにかかるご連絡について

みなさまには、日頃より当組合をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
さて、近年、玄関開き扉の錠前を解錠して侵入するピッキングのほか、玄関開き扉の外側からドリルで穴をあけ、そこから棒のようなものを突っ込み内側のシリンダー錠のつまみを回すサムターン回しや車上荒し等が急増しています。
これに伴い、キャッシュカードや通帳取引に関する盗難事故が発生し、お客様の知らない間に、現金が引出される事件が発生しています。
つきましては、貯金規定およびキャッシュカード規定を一部変更いたしましたので、内容をご確認のうえ、特に下記事項について、ご注意いただきますようお願いいたします。

1.キャッシュカード・通帳・印鑑の保管について

  • キャッシュカード・通帳・印鑑については、お車内での保管はおやめください。
  • ご自宅などで保管される場合にも、キャッシュカード・通帳・印鑑を別々の場所に保管されることをお勧めいたします。
  • 万一、紛失や盗難等に遭われた場合には、直ちに当組合へお届けください。
    なお、キャッシュカードおよび通帳について、紛失や盗難等に遭われた場合には、当組合または次のところへご連絡ください。
scroll
〔平日〕 8:00 〜 17:00 TEL:お取引の店舗へお電話下さい
17:00 〜 21:00 TEL:058-276-8015
〔土日祝日〕 9:00 〜 19:00 TEL:058-276-8015
(JAキャッシュサービスセンター)

2.暗証番号の管理について

  • ご使用の暗証番号は他人に知られることのないよう、ご注意ください。
  • 次のような他人に知られやすい暗証番号の設定・ご使用はおやめください。
    生年月日、電話番号、郵便番号、自動車のナンバー、番地、規則的な数字(例:1111、1234)など

3.暗証番号の変更について

  • 万一、他人に知られやすい暗証番号である場合には、当組合で変更のお手続きをお願いします。

4.CD・ATMでの通帳による入出金について

  • 貯金取引に関して、キャッシュカードを発行している場合には、当組合本支店および県内の提携組合のCD・ATMにおいて、通帳での現金の預入れのほか、払出しについても取扱いが可能となっておりますので、キャッシュカードと同様に、通帳および暗証番号の管理には、くれぐれもご注意ください。
  • 本件に関しましては、普通貯金規定第6条、総合口座取引規定第6条、貯蓄貯金取引規定第6条を新たに規定するとともに、キャッシュカード規定第2条を一部変更しておりますので、ご一読ください。
「スパイウェア」による不正な取引にご注意下さい!!

いわゆるスパイウェア」と呼ばれるソフトを使用して、お客さまのパソコンからインターネットバンキングのIDやパスワードを取得し、お客さまの貯金口座から身に覚えのない振込(出金)がなされるといった被害が、一部金融機関において発生しています。こうした「スパイウェア」による被害を防ぐため、JAネットバンクを利用いただく場合は、下記の事項について十分ご注意下さい。

1.「スパイウェア」に感染しないために
  • 「スパイウェア」に感染しないように、心当たりのない発信元からの電子メールを不用意に開いたり、安易にフリーソフトをダウンロードしたり、不審なウェブサイトにアクセスしないよう、ご注意下さい。
  • 最新のセキュリティ対策ソフトを利用されることをお勧めします。
  • インターネットカフェなど、不特定多数の方が利用されている場所でのJAネットバンクのご利用はお控え下さい。
2.JAネットバンクで行っている被害防止策
  • JAネットバンクでは、ログイン履歴・取引履歴を保存しています。身に覚えのないログイン・取引がされていないか、取引の都度、ご確認下さい。
  • JAネットバンクでは、あらかじめメールアドレスをご登録いただいたお客さまに、取引の都度、取引受付通知メールをお送りしています。 メールアドレスを登録されていない方は、登録をお勧めします。
  • JAネットバンクでは、1日あたりの振込み限度額をお客さまが変更できる仕組みにしています。お客さまのご利用額に合わせた限度額の変更をお勧めします。
3.万が一、身に覚えのない不審な取引を発見したら
  • 身に覚えのない不審な取引を発見された場合は、直ちにお取引されているJAひがしみのにご連絡下さい。
「JAネットバンク」を名乗る消費者金融業者とJAバンクは何ら関係ございません。

「JAネットバンク」を名乗る消費者金融業者がホームページを開設しておりますが、当該消費者金融業者とJAバンク(JA・信連・農林中金) とは何ら関係がございませんので、ご注意願います。

(平成19年12月27日 東美濃農業協同組合 )

このページに関するお問い合わせは
東美濃農業協同組合 金融部

TEL:0573-78-0125

JAバンク